松浦研究室のメンバー

2016年4月現在

一覧

属性 氏名 連絡先 リンク
教授松浦 幹太 Link
特任教授Miodrag Mihaljevicmiodragm 
秘書仲野 小絵nakanos 
秘書佐伯 麻紀smaki 
秘書鶴山 陽子turuyama 
技術職員細井 琢朗hosoi 
博士課程2年石坂 理人ishimasa 
修士課程2年先崎 佑弥senzaki 
修士課程2年今田 丈雅imada 
修士課程1年林田 淳一郎hayata 
*: 10月入学

メンバー紹介

細井 琢朗

  • 技術職員
研究テーマ
  • ネットワークセキュリティ
Publications
  • Kanta Matsuura, Takurou Hosoi. Mechanism Design of Data Sharing for Cybersecurity Research, IPSI Transactions on Advanced Research, Vol.11, No.1, pp.35-40, 2015[detail]
  • 細井琢朗, 松浦幹太. TCP再送タイマ管理の変更による低量DoS攻撃被害緩和の実験評価, コンピュータセキュリティシンポジウム2014 (CSS2014), CD-ROM, 2014[detail]
  • Kanta Matsuura, Takurou Hosoi. Data Sharing for Cybersecurity Research and Information Sharing for Cybersecurity Practice, The 8th International Workshop on Security (IWSEC2013), 2013[detail]
  • Takurou Hosoi, Kanta Matsuura. Effectiveness of a Change in TCP Retransmission Timer Management for Low-rate DoS Attack Mitigation and Attack Variants, The 8th International Workshop on Security (IWSEC2013), 2013[detail]
  • 細井琢朗, 松浦幹太. TCP再送信タイマ管理の変更による低量DoS攻撃被害の緩和効果, コンピュータセキュリティシンポジウム2013 (CSS2013), CD-ROM, 2013[detail]
  • 細井琢朗, 松浦幹太. 低量DoS攻撃を緩和するTCP再送信タイマ管理の一検討, 情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会 (研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC)), Vol.62, No.51, pp.1-5, 2013[detail]
  • 細井琢朗, 松浦幹太. 待ち行列推定に基づくパケットロス攻撃検知の輻輳強度依存性, 情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会 (情報処理学会研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC)), Vol.60, No.28, pp.1-5, 2013[detail]
  • 松浦幹太, 細井琢朗. セキュリティ評価基盤と周辺制度および活動に関する考察, 第59回情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会, Vol.2012-CSEC-59, 2012[detail]
  • 細井琢朗, 松浦幹太. 待ち行列推定に基づくパケットロス攻撃検知方式のパラメータ依存性について, コンピュータセキュリティシンポジウム2012 (CSS2012), Vol.2012, No.3, 1-5 (CD-ROM), 2012[detail]
  • 細井琢朗, 松浦幹太. 情報セキュリティ研究向けネットワークデータの配布における技術的課題の現状調査, 情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会, Vol.2012-CSEC-56 , No.04, pp.1-6, 2012[detail]
  • 細井琢朗, 松浦幹太. 情報セキュリティ研究用ハニーポット通信データの一般頒布に向けた技術的要件の調査, マルウェア対策研究人材育成ワークショップ2011 (MWS2011), CD-ROM, 2011[detail]
  • Takurou HOSOI, Kanta Matsuura. Evaluation of the Common Dataset Used in Anti-Malware Engineering Workshop 2009, Lecture Notes in Computer Science (Recent Advances in Intrusion Detection, 13th International Symposium on Recent Advances in Intrusion Detection: RAID 2010), Vol.6307, pp.496-497, 2010
  • 竹森敬祐, 細井琢朗. マルウェア : 10.コラム:MWS Cup 2009, 情報処理, Vol.51, No.3, pp.296-299, 2010
  • 細井琢朗, 畑田充弘. MWS Cup 2009 活動報告 ~競技用通信データ作成について~, 情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会(情報処理学会研究報告), Vol.2009, No.85, pp.online, 2009
  • 細井琢朗, 松浦幹太. 公開ネットワークログデータセットの調査とワーム検知数の変遷調査, 情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会(情報処理学会研究報告), Vol.2009, No.20, pp.181-186, 2009
  • 細井琢朗, 松浦幹太. IPトレースバック技術に於ける誤探知率の扱いについて, 2008年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2008)予稿集, CD-ROM, 2008
  • Takuro Hosoi, Kanta Matsuura, Hideki Imai. IP Trace Back by Packet Marking Method with Bloom Filters, Proceedings of the 2007 IEEE International Carnahan Conference on Security Technology (2007 ICCST) 41st Annual Conference, pp.255-263, 2007
  • 細井琢朗, 松浦幹太. ランダムグラフを用いたIPトレースバックの誤探知率の評価について, 2007年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2007) 予稿集, 2007
  • 細井琢朗, 松浦幹太, 今井秀樹. 暗号要素技術を用いない決定論的パケットマーキング法による単一パケットIPトレースバックについて, 2006年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2006)予稿集(CD-ROM), 2006
  • 細井琢朗, 松浦幹太, 今井秀樹. Bloomフィルタを用いたパケットマーキング法によるIPトレースバックでの複数パケット利用追跡について, コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS)2005論文集, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, Vol.2005-I, No.13, pp.91-96, 2005
  • 細井琢朗, 松浦幹太, 今井秀樹. Bloomフィルタを用いたパケットマーキング法によるIPトレースバックの擬陽性確率について, 2005年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2005)予稿集, Vol.Ⅲ, pp.1555-1560, 2005
  • 細井琢朗, 松浦幹太, 今井秀樹. Bloomフィルタを用いたパケットマーキング法によるIPトレースバック, コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS)2004論文集, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, Vol.2004-I, No.11, pp.181-186, 2004
  • 細井琢朗, 松浦幹太, 今井秀樹. IPデータグラムが正規に変換される場合のIPトレースバック技術について, 2004年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2004)予稿集, Vol.Ⅱ, pp.1369-1373, 2004

石坂 理人

  • 博士課程2年
研究テーマ
  • 暗号技術
Publications
  • 石坂理人,大畑幸矢,松浦幹太. 適応的述語安全な暗号文ポリシー型属性ベースSigncryptionの一般的構成法, 2016年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2016)予稿集, USBメモリ, 2016[detail]
  • Masahito Ishizaka, Satsuya Ohata, Kanta Matsuura. Generic Construction of Ciphertext-Policy Attribute-Based Signcryption Secure in the Adaptive Predicate Model, IPSI Transactions on Advanced Research, Special issue - "Advances in Cryptology and Information Security", Vol.12, No.2, pp.16-26, 2016[detail]
  • 石坂理人,松浦幹太. IDベース暗号方式(黒澤・Phong, ACNS'13)の補助漏洩耐性の証明, 2017年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2017)予稿集, USBメモリ, 2017[detail]

先崎 佑弥

  • 修士課程2年
研究テーマ
  • 機械学習、マルウェア
Publications
  • 先崎佑弥, 松浦幹太. 深層学習に対し意図的に誤判定を起こさせる入力の検知手法, 2017年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2017)予稿集, USBメモリ, 2017[detail]

今田 丈雅

  • 修士課程2年
研究テーマ
  • 公開分散台帳

林田 淳一郎

  • 修士課程1年
研究テーマ
  • 暗号技術
松浦 研究室/ 153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1/東京大学生産技術研究所 情報・エレクトロニクス部門(第3部)