松浦研究室のメンバー

2022年4月現在

一覧

属性 氏名 連絡先 リンク
教授松浦 幹太 Link
秘書鶴山 陽子turuyama 
技術職員細井 琢朗hosoi 
講師田村 研輔kensuket 
協力研究員島田 要k.shimada2021 
博士課程3年宮前 剛miyamae 
博士課程3年*Kittiphop Phalakarnkittipop 
博士課程2年石井 龍ryuishii 
博士課程1年林 リウヤrhys 
修士課程1年澤田 悠太郎ben 
修士課程1年五十嵐 太一itaichi1 
修士課程1年谷下 友一y-tani 
*: 10月入学

メンバー紹介

細井 琢朗

  • 技術職員
研究テーマ
  • ネットワークセキュリティ
Publications
  • 細井琢朗, 松浦幹太. POW型ブロックチェーン安全性証明の明示的定式化, 第174回マルチメディア通信と分散処理・第80回コンピュータセキュリティ合同研究発表会, Vol.80, No.8, pp.online, 2018 [detail]
  • Kanta Matsuura, Takurou Hosoi. Mechanism Design of Data Sharing for Cybersecurity Research, IPSI Transactions on Advanced Research, Vol.11, No.1, pp.35-40, 2015 [detail]
  • 細井琢朗, 松浦幹太. TCP再送タイマ管理の変更による低量DoS攻撃被害緩和の実験評価, 2014年コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS2014)予稿集, CD-ROM, 2014 [detail]
  • Kanta Matsuura, Takurou Hosoi. Data Sharing for Cybersecurity Research and Information Sharing for Cybersecurity Practice, The 8th International Workshop on Security (IWSEC2013), 2013 [detail]
  • Takurou Hosoi, Kanta Matsuura. Effectiveness of a Change in TCP Retransmission Timer Management for Low-rate DoS Attack Mitigation and Attack Variants, The 8th International Workshop on Security (IWSEC2013), 2013 [detail]
  • 細井琢朗, 松浦幹太. TCP再送信タイマ管理の変更による低量DoS攻撃被害の緩和効果, コンピュータセキュリティシンポジウム2013 (CSS2013), CD-ROM, 2013 [detail]
  • 細井琢朗, 松浦幹太. 低量DoS攻撃を緩和するTCP再送信タイマ管理の一検討, 情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会 (研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC)), Vol.62, No.51, pp.1-5, 2013 [detail]
  • 細井琢朗, 松浦幹太. 待ち行列推定に基づくパケットロス攻撃検知の輻輳強度依存性, 情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会 (情報処理学会研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC)), Vol.60, No.28, pp.1-5, 2013 [detail]
  • 松浦幹太, 細井琢朗. セキュリティ評価基盤と周辺制度および活動に関する考察, 第59回情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会, Vol.2012-CSEC-59, 2012 [detail]
  • 細井琢朗, 松浦幹太. 待ち行列推定に基づくパケットロス攻撃検知方式のパラメータ依存性について, コンピュータセキュリティシンポジウム2012 (CSS2012), Vol.2012, No.3, pp.1-5 (CD-ROM), 2012 [detail]
  • 細井琢朗, 松浦幹太. 情報セキュリティ研究向けネットワークデータの配布における技術的課題の現状調査, 情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会, Vol.2012-CSEC-56, No.04, pp.1-6, 2012 [detail]
  • 細井琢朗, 松浦幹太. 情報セキュリティ研究用ハニーポット通信データの一般頒布に向けた技術的要件の調査, マルウェア対策研究人材育成ワークショップ2011 (MWS2011), CD-ROM, 2011 [detail]
  • Takurou HOSOI, Kanta Matsuura. Evaluation of the Common Dataset Used in Anti-Malware Engineering Workshop 2009, Lecture Notes in Computer Science (Recent Advances in Intrusion Detection, 13th International Symposium on Recent Advances in Intrusion Detection: RAID 2010), Vol.6307, pp.496-497, 2010
  • 竹森敬祐, 細井琢朗. マルウェア : 10.コラム:MWS Cup 2009, 情報処理, Vol.51, No.3, pp.296-299, 2010
  • 細井琢朗, 畑田充弘. MWS Cup 2009 活動報告 ~競技用通信データ作成について~, 情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会(情報処理学会研究報告), Vol.2009, No.85, pp.online, 2009
  • 細井琢朗, 松浦幹太. 公開ネットワークログデータセットの調査とワーム検知数の変遷調査, 情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会(情報処理学会研究報告), Vol.2009, No.20, pp.181-186, 2009
  • 細井琢朗, 松浦幹太. IPトレースバック技術に於ける誤探知率の扱いについて, 2008年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2008)予稿集, CD-ROM, 2008
  • Takuro Hosoi, Kanta Matsuura, Hideki Imai. IP Trace Back by Packet Marking Method with Bloom Filters, Proceedings of the 2007 IEEE International Carnahan Conference on Security Technology (2007 ICCST) 41st Annual Conference, pp.255-263, 2007
  • 細井琢朗, 松浦幹太. ランダムグラフを用いたIPトレースバックの誤探知率の評価について, 2007年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2007)予稿集, 2007
  • 細井琢朗, 松浦幹太, 今井秀樹. 暗号要素技術を用いない決定論的パケットマーキング法による単一パケットIPトレースバックについて, 2006年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2006)予稿集(CD-ROM), 2006
  • 細井琢朗, 松浦幹太, 今井秀樹. Bloomフィルタを用いたパケットマーキング法によるIPトレースバックでの複数パケット利用追跡について, コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS)2005論文集, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, Vol.2005-I, No.13, pp.91-96, 2005
  • 細井琢朗, 松浦幹太, 今井秀樹. Bloomフィルタを用いたパケットマーキング法によるIPトレースバックの擬陽性確率について, 2005年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2005)予稿集, Vol.Ⅲ, pp.1555-1560, 2005
  • 細井琢朗, 松浦幹太, 今井秀樹. Bloomフィルタを用いたパケットマーキング法によるIPトレースバック, コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS)2004論文集, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, Vol.2004-I, No.11, pp.181-186, 2004
  • 細井琢朗, 松浦幹太, 今井秀樹. IPデータグラムが正規に変換される場合のIPトレースバック技術について, 2004年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2004)予稿集, Vol.Ⅱ, pp.1369-1373, 2004

田村 研輔

  • 講師
研究テーマ
  • デジタルフォレンジック、制御システムセキュリティ
Publications
  • Kensuke Tamura, Kanta Matsuura. Improvement of Anomaly Detection Performance using Packet Flow Regularity in Industrial Control Networks, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E102-A, No.1, pp.65-73, 2019 [detail]
  • 田村研輔, 松浦幹太. 制御システムにおける通信の規則性を利用した異常検知, 2018年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2018)予稿集, USB, 2018 [detail]

島田 要

  • 協力研究員
研究テーマ
  • 匿名通信システム

宮前 剛

  • 博士課程3年
研究テーマ
  • ブロックチェーン
Publications
  • 宮前剛,松浦幹太. ブロックチェーンを応用した暗号資産の匿名性に関する一考察, 2020年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2020)予稿集, 2020 [detail]
  • 宮前剛,松浦幹太. MWmessage: 追跡困難メッセージングを実現するためのMimblewimbleの拡張, 2019年コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS2019)予稿集, pp.WEB, 2019 [detail]

Kittiphop Phalakarn

  • 博士課程3年*
研究テーマ
  • 暗号技術
Publications
  • Kittiphop Phalakarn, Vorapong Suppakitpaisarn, Nuttapong Attrapadung, Kanta Matsuura. Evolving Homomorphic Secret Sharing for Hierarchical Access Structures, Lecture Notes in Computer Science (Advances in Information and Computer Security - IWSEC 2021 - 16th International Workshop on Security), Vol.12835, pp.77-96, 2021 [detail]
  • Kittiphop Phalakarn, Vorapong Suppakitpaisarn, Nuttapong Attrapadung, Kanta Matsuura. Constructive t-secure Homomorphic Secret Sharing for Low Degree Polynomials, Lecture Notes in Computer Science (Progress in Cryptology - INDOCRYPT 2020 - 21st International Conference on Cryptology in India), Vol.12578, pp.763-785, 2020 [detail]

石井 龍

  • 博士課程2年
研究テーマ
  • 暗号技術
Publications
  • 山下恭佑, 石井龍, 照屋唯紀, 坂井祐介, 花岡悟一郎, 松浦幹太, 松本勉. 追跡可能集約署名に対する潜在的な攻撃とその対処法に関する考察, 2022年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2022)予稿集, 2022 [detail]
  • 石井龍, 山下恭佑, 宋子豪, 照屋唯紀, 坂井祐介, 花岡悟一郎, 松浦幹太, 松本勉. 対話的追跡機能付き集約署名における署名送信間隔に関する制約と評価, 2022年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2022)予稿集, 2022 [detail]
  • Ryu Ishii, Kyosuke Yamashita, Yusuke Sakai, Takahiro Matsuda, Tadanori Teruya, Goichiro Hanaoka, Kanta Matsuura, and Tsutomu Matsumoto. Aggregate Signature with Traceability of Devices Dynamically Generating Invalid Signatures, Lecture Notes in Computer Science (2nd ACNS Workshop on Secure Cryptographic Implementation: 2nd ACNS SCI Workshop), Vol.12809, pp.378–396, 2021 [detail]
  • 石井 龍, 照屋 唯紀, 坂井 祐介, 松田 隆宏, 花岡 悟一郎, 松浦 幹太, 松本 勉. 動的に不正署名を生成するデバイスを追跡可能な集約署名, 2021年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2021)予稿集, 2021 [detail]

林 リウヤ

  • 博士課程1年
研究テーマ
  • 暗号技術
Publications
  • 浅野泰輝, 林リウヤ, 林田淳一郎, 松田隆宏, 山田翔太, 勝又秀一, 坂井祐介, 照屋唯紀, シュルツヤコブ, アッタラパドゥンナッタポン, 花岡悟一郎, 松浦幹太, 松本勉. 「モノの電子署名」の複数物体への拡張, Extension of "Signature for Objects" to Multiple Objects, 2022年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2022) 予稿集, 2022 [detail]
  • 林リウヤ, 浅野泰輝, 林田淳一郎, 松田隆宏, 山田翔太, 勝又秀一, 坂井祐介, 照屋唯紀, シュルツヤコブ, アッタラパドゥンナッタポン, 花岡悟一郎, 松浦幹太, 松本勉. モノの秘匿性を考慮した「モノの電子署名」. "Signature ofr Objects" with Object Privacy, 2022年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2022) 予稿集, 2022 [detail]
  • 林リウヤ, 浅野泰輝, 林田淳一郎, 松田隆宏, 山田翔太, 勝又秀一, 坂井祐介, 照屋唯紀, シュルツヤコブ, アッタラパドゥンナッタポン, 花岡悟一郎, 松浦幹太, 松本勉. モノの電子署名:物体に署名するための一検討, Signature for Objects: Formalization, Security Definition, and Provably Secure Constructions, 2021年コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS2021)予稿集, pp.740-747, 2021 [detail]

澤田 悠太郎

  • 修士課程1年
研究テーマ
  • ブロックチェーン

五十嵐 太一

  • 修士課程1年
研究テーマ
  • IoTマルウェア

谷下 友一

  • 修士課程1年
研究テーマ
  • ネットワークセキュリティ
松浦 研究室/ 153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1/東京大学生産技術研究所 情報・エレクトロニクス部門(第3部)