松浦研究室のメンバー

2021年2月現在

一覧

属性 氏名 連絡先 リンク
教授松浦 幹太 Link
特任教授Miodrag Mihaljevicmiodragm 
秘書鶴山 陽子turuyama 
技術職員細井 琢朗hosoi 
協力研究員田村 研輔kensuke.tamura 
協力研究員角田 大輔sumita 
博士課程3年宮前 剛miyamae 
博士課程3年*碓井 利宣tusui 
博士課程2年林田 淳一郎hayata 
博士課程2年*Kittiphop Phalakarnkittipop 
修士課程2年石井 龍ryuishii 
修士課程2年宮里 俊太郎miyazato 
修士課程1年浅野 泰輝asano12 
修士課程1年久野 朔kunoha 
修士課程1年林 リウヤrhys 
研究生*石 为之weizhis 
*: 10月入学

メンバー紹介

細井 琢朗

  • 技術職員
研究テーマ
  • ネットワークセキュリティ
Publications
  • 細井琢朗, 松浦幹太. POW型ブロックチェーン安全性証明の明示的定式化, 第174回マルチメディア通信と分散処理・第80回コンピュータセキュリティ合同研究発表会, Vol.80, No.8, pp.online, 2018 [detail]
  • Kanta Matsuura, Takurou Hosoi. Mechanism Design of Data Sharing for Cybersecurity Research, IPSI Transactions on Advanced Research, Vol.11, No.1, pp.35-40, 2015 [detail]
  • 細井琢朗, 松浦幹太. TCP再送タイマ管理の変更による低量DoS攻撃被害緩和の実験評価, コンピュータセキュリティシンポジウム2014 (CSS2014), CD-ROM, 2014 [detail]
  • Kanta Matsuura, Takurou Hosoi. Data Sharing for Cybersecurity Research and Information Sharing for Cybersecurity Practice, The 8th International Workshop on Security (IWSEC2013), 2013 [detail]
  • Takurou Hosoi, Kanta Matsuura. Effectiveness of a Change in TCP Retransmission Timer Management for Low-rate DoS Attack Mitigation and Attack Variants, The 8th International Workshop on Security (IWSEC2013), 2013 [detail]
  • 細井琢朗, 松浦幹太. TCP再送信タイマ管理の変更による低量DoS攻撃被害の緩和効果, コンピュータセキュリティシンポジウム2013 (CSS2013), CD-ROM, 2013 [detail]
  • 細井琢朗, 松浦幹太. 低量DoS攻撃を緩和するTCP再送信タイマ管理の一検討, 情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会 (研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC)), Vol.62, No.51, pp.1-5, 2013 [detail]
  • 細井琢朗, 松浦幹太. 待ち行列推定に基づくパケットロス攻撃検知の輻輳強度依存性, 情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会 (情報処理学会研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC)), Vol.60, No.28, pp.1-5, 2013 [detail]
  • 松浦幹太, 細井琢朗. セキュリティ評価基盤と周辺制度および活動に関する考察, 第59回情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会, Vol.2012-CSEC-59, 2012 [detail]
  • 細井琢朗, 松浦幹太. 待ち行列推定に基づくパケットロス攻撃検知方式のパラメータ依存性について, コンピュータセキュリティシンポジウム2012 (CSS2012), Vol.2012, No.3, 1-5 (CD-ROM), 2012 [detail]
  • 細井琢朗, 松浦幹太. 情報セキュリティ研究向けネットワークデータの配布における技術的課題の現状調査, 情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会, Vol.2012-CSEC-56 , No.04, pp.1-6, 2012 [detail]
  • 細井琢朗, 松浦幹太. 情報セキュリティ研究用ハニーポット通信データの一般頒布に向けた技術的要件の調査, マルウェア対策研究人材育成ワークショップ2011 (MWS2011), CD-ROM, 2011 [detail]
  • Takurou HOSOI, Kanta Matsuura. Evaluation of the Common Dataset Used in Anti-Malware Engineering Workshop 2009, Lecture Notes in Computer Science (Recent Advances in Intrusion Detection, 13th International Symposium on Recent Advances in Intrusion Detection: RAID 2010), Vol.6307, pp.496-497, 2010
  • 竹森敬祐, 細井琢朗. マルウェア : 10.コラム:MWS Cup 2009, 情報処理, Vol.51, No.3, pp.296-299, 2010
  • 細井琢朗, 畑田充弘. MWS Cup 2009 活動報告 ~競技用通信データ作成について~, 情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会(情報処理学会研究報告), Vol.2009, No.85, pp.online, 2009
  • 細井琢朗, 松浦幹太. 公開ネットワークログデータセットの調査とワーム検知数の変遷調査, 情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会(情報処理学会研究報告), Vol.2009, No.20, pp.181-186, 2009
  • 細井琢朗, 松浦幹太. IPトレースバック技術に於ける誤探知率の扱いについて, 2008年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2008)予稿集, CD-ROM, 2008
  • Takuro Hosoi, Kanta Matsuura, Hideki Imai. IP Trace Back by Packet Marking Method with Bloom Filters, Proceedings of the 2007 IEEE International Carnahan Conference on Security Technology (2007 ICCST) 41st Annual Conference, pp.255-263, 2007
  • 細井琢朗, 松浦幹太. ランダムグラフを用いたIPトレースバックの誤探知率の評価について, 2007年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2007) 予稿集, 2007
  • 細井琢朗, 松浦幹太, 今井秀樹. 暗号要素技術を用いない決定論的パケットマーキング法による単一パケットIPトレースバックについて, 2006年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2006)予稿集(CD-ROM), 2006
  • 細井琢朗, 松浦幹太, 今井秀樹. Bloomフィルタを用いたパケットマーキング法によるIPトレースバックでの複数パケット利用追跡について, コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS)2005論文集, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, Vol.2005-I, No.13, pp.91-96, 2005
  • 細井琢朗, 松浦幹太, 今井秀樹. Bloomフィルタを用いたパケットマーキング法によるIPトレースバックの擬陽性確率について, 2005年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2005)予稿集, Vol.Ⅲ, pp.1555-1560, 2005
  • 細井琢朗, 松浦幹太, 今井秀樹. Bloomフィルタを用いたパケットマーキング法によるIPトレースバック, コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS)2004論文集, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, Vol.2004-I, No.11, pp.181-186, 2004
  • 細井琢朗, 松浦幹太, 今井秀樹. IPデータグラムが正規に変換される場合のIPトレースバック技術について, 2004年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2004)予稿集, Vol.Ⅱ, pp.1369-1373, 2004

田村 研輔

  • 協力研究員
研究テーマ
  • デジタルフォレンジック、制御システムセキュリティ
Publications
  • 田村研輔, 松浦幹太. 制御システムにおける通信の規則性を利用した異常検知, 2018年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2018)予稿集, USB, 2018 [detail]
  • Kensuke Tamura, Kanta Matsuura. Improvement of Anomaly Detection Performance using Packet Flow Regularity in Industrial Control Networks, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E102-A, No.1, pp.65-73, 2019 [detail]

角田 大輔

  • 協力研究員
研究テーマ
  • デジタルフォレンジック
Publications
  • 角田大輔, 松浦幹太. Androidアプリケーションにおける暗号化API利用に関する静的解析手法の考察, A Study on Analysis Methods of Crypto API Usages on Android Apps using a Static Analysis Framework, 2019年コンピュータセキュリティシンポジウム (CSS2019) 予稿集, pp.Online, 2019 [detail]
  • 角田大輔, 松浦幹太. Androidアプリケーションにおける静的解析を使用した暗号化API利用の特定, 2020年コンピュータセキュリティシンポジウム (CSS2020) 予稿集, pp.80-87, 2020 [detail]

宮前 剛

  • 博士課程3年
研究テーマ
  • ブロックチェーン
Publications
  • 宮前剛,松浦幹太. ブロックチェーンを応用した暗号資産の匿名性に関する一考察, 2020年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2020)予稿集, 2020 [detail]
  • 宮前剛,松浦幹太. MWmessage: 追跡困難メッセージングを実現するためのMimblewimbleの拡張, 2019年 コンピュータセキュリティシンポジウム (CSS2019)予稿集, pp.WEB, 2019 [detail]

碓井 利宣

  • 博士課程3年*
研究テーマ
  • マルウェア対策技術
Publications
  • Toshinori Usui, Yuto Otsuki, Yuhei Kawakoya, Makoto Iwamura, Jun Miyoshi, Kanta Matsuura. My Script Engines Know What You Did In The Dark: Converting Engines into Script API Tracers, Proceedings of the 35th Annual Computer Security Applications Conference (ACSAC '19), pp.466-477, 2019 [detail]
  • 碓井利宣, 古川和祈, 大月勇人, 幾世知範, 川古谷裕平, 岩村誠, 三好潤, 松浦幹太. スクリプト実行環境に対するマルチパス実行機能の自動付与手法, 2019年コンピュータセキュリティシンポジウム (CSS2019) 予稿集, pp.961-968, 2019 [detail]
  • Toshinori Usui, Tomonori Ikuse, Yuto Otsuki, Yuhei Kawakoya, Makoto Iwamura, Jun Miyoshi, Kanta Matsuura. ROPminer: Learning-based Static Detection of ROP Chain Considering Linkability of ROP Gadgets, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E103-D, No.7, pp.1-17, 2020 [detail]
  • 碓井利宣, 幾世知範, 川古谷裕平, 岩村誠, 三好潤, 松浦幹太. スクリプト実行環境に対するテイント解析機能の自動付与手法, 2020年コンピュータセキュリティシンポジウム (CSS2020) 予稿集, pp.932-939, 2020 [detail]

林田 淳一郎

  • 博士課程2年
研究テーマ
  • 暗号技術
Publications
  • 林田淳一郎, Jacob C. N. Schuldt, 花岡悟一郎, 松浦幹太. A Private Information Retrieval Scheme Supporting Range Queries, 2020年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2020)予稿集, 2020 [detail]
  • Junichiro Hayata, Masahito Ishizaka, Yusuke Sakai, Goichiro Hanaoka, Kanta Matsuura. Generic Construction of Adaptively Secure Anonymous Key-Policy Attribute-Based Encryption from Public-Key Searchable Encryption, IEICE TRANSACTIONS on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E103-A, No.1, pp.107-113, 2020 [detail]
  • Junichiro Hayata, Masahito Ishizaka, Yusuke Sakai, Goichiro Hanaoka, Kanta Matsuura. Generic Construction of Adaptively Secure Anonymous Key-Policy Attribute-Based Encryption from Public-Key Searchable Encryption, Proceeding of the 2018 International Symposium on Information Theory and its Applications (ISITA2018), pp.739-743, 2018 [detail]
  • 林田淳一郎, 石坂理人, 坂井祐介, 花岡悟一郎, 松浦幹太. 公開鍵型検索可能暗号を用いた適応的安全な匿名鍵ポリシー型属性ベース暗号の一般的構成, Generic Construction of Adaptively Secure Anonymous Key-Policy Attribute-Based Encryption from Public-Key Searchable Encryption, 2018年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2018)予稿集, USBメモリ, 2018 [detail]
  • 林田淳一郎, 北川冬航, 坂井祐介, 花岡悟一郎, 松浦幹太. 公開鍵暗号のReplayable CCA環境下での安全性概念間の等価性について, Relations among Notions of Security under Replayable CCA Environment for Public-Key Encryption, 2019年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2019)予稿集, 2019 [detail]
  • Junichiro Hayata, Fuyuki Kitagawa, Yusuke Sakai, Goichiro Hanaoka, Kanta Matsuura. Equivalence Between Non-malleability Against Replayable CCA and Other RCCA-Security Notions, Lecture Notes in Computer Science (Advances in Information and Computer Security, The 14th International Workshop on Security: IWSEC2019), Vol.11689, pp.253-272, 2019 [detail]
  • Junichiro Hayata, Jacob C. N. Schuldt, Goichiro Hanaoka, Kanta Matsuura. On Private Information Retrieval Supporting Range Queries, Lecture Notes in Computer Science (Computer Security - ESORICS 2020 - 25th European Symposium on Research in Computer Security, Proceedings, Part II), Vol.12309, pp.674-694, 2020 [detail]
  • Junichiro Hayata, Fuyuki Kitagawa, Yusuke Sakai, Goichiro Hanaoka, Kanta Matsuura. Equivalence between Non-Malleability against Replayable CCA and Other RCCA-Security Notions, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E104-A, No.1, pp.89-103, 2021 [detail]
  • Junichiro Hayata, Jacob C. N. Schuldt, Goichiro Hanaoka, Kanta Matsuura. On Private Information Retrieval Supporting Multi-dimensional Range Queries, 2021年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2021) 予稿集, 2021 [detail]

Kittiphop Phalakarn

  • 博士課程2年*
研究テーマ
  • 暗号技術
Publications
  • Kittiphop Phalakarn, Vorapong Suppakitpaisarn, Nuttapong Attrapadung, Kanta Matsuura. Constructive t-secure Homomorphic Secret Sharing for Low Degree Polynomials, Lecture Notes in Computer Science (Progress in Cryptology - INDOCRYPT 2020 - 21st International Conference on Cryptology in India), Vol.12578, pp.763-785, 2020 [detail]

石井 龍

  • 修士課程2年
研究テーマ
  • 暗号技術
Publications
  • 石井 龍, 照屋 唯紀, 坂井 祐介, 松田 隆宏, 花岡 悟一郎, 松浦 幹太, 松本 勉. 動的に不正署名を生成するデバイスを追跡可能な集約署名, 2021年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2021) 予稿集, 2021 [detail]

宮里 俊太郎

  • 修士課程2年
研究テーマ
  • ブロックチェーン、攻撃検知
Publications
  • 宮里俊太郎, 松浦幹太. 内部のバイトコード実行を悪用したスマートコントラクトへの攻撃の早期検知, 2020年コンピュータセキュリティシンポジウム (CSS2020) 予稿集, pp.478-485, 2020 [detail]

浅野 泰輝

  • 修士課程1年
研究テーマ
  • 暗号技術

久野 朔

  • 修士課程1年
研究テーマ
  • 脆弱性調査関連

林 リウヤ

  • 修士課程1年
研究テーマ
  • 暗号技術、ブロックチェーン

石 为之

  • 研究生*
研究テーマ
  • ブロックチェーン
松浦 研究室/ 153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1/東京大学生産技術研究所 情報・エレクトロニクス部門(第3部)