発表文献(2005年以前)

2004年

国際誌(LNCSを含む)

  • Kanta Matsuura, Hideki Imai. Inspection Mechanism For Server-and-Client Protocols With Private-Key Cipher, The ETHICOMP Journal, Vol.1, No.3, 2004[detail]
  • Jose Luis Lacson, Kanta Matsuura. The Challenge of Providing a Voter Registration System for Millions of Filipinos Living Overseas, Lecture Notes in Computer Science (Electronic Government: Third International Conference: EGOV 2004), Vol.3183, pp.547-548, 2004[detail]

国際会議

  • Kanta Matsuura, Ken Ebato. University-Industry Collaboration Networks in the Information Security Field in Japan: Problems and a Particular Success, Proceedings of the 2004 IEEE International Engineering Management Conference (IEMC-2004), Vol.2, pp.839-844, 2004[detail]
  • Kanta Matsuura, Jose Luis Lacson, Terdoro Locsin, Jr.. Public Acceptance Issues Surrounding the Implementation of New Election Technology for the Philippines, Twenty-sixth International Congress of Administrative Sciences, 2004
  • Hideyuki Tanaka, Kanta Matsuura, Osamu Sudo. Vulnerability and Information Security Investment: An Empirical Analysis on the e-Local Government of Japan, The Forum on Financial Systems and Cybersecurity: A Public Policy Perspective, 2004
  • Kanta Matsuura. Robustness of Entrusted Data-Analysis in E-Science Research Collaboration, Proceedings of the 2004 IEEE International Conference on e-Technology, e-Commerce, and e-Service (EEE04), pp.373-378, 2004
  • Tsutomu Morigaki, Kanta Matsuura, Osamu Sudo. An Analysis of Detailed Electronic Time-Stamping Using Digital TV, Proceedings of the 2004 IEEE International Conference on e-Technology, e-Commerce, and e-Service (EEE04), pp.277-284, 2004[detail]

国内会議

  • 田中秀幸, 松浦幹太. 情報ネットワーク・システムの脆弱性とセキュリティ投資に関する実証分析, 社会・経済システム学会第23回大会「システムのリスクと安全を考える」報告要旨, pp.12-13, 2004
  • 黄楽平, 松浦幹太, 山根弘, 瀬崎薫. 無線環境における位置情報プライバシー問題の評価基準に関する提案, コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS)2004論文集, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, Vol.2004-II, No.11, pp.793-798, 2004
  • 山岸篤弘, 松浦幹太, 今井秀樹. 情報セキュリティシステム設計に関する一考察, コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS)2004論文集, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, Vol.2004-II, No.11, pp.709-714, 2004
  • 宇根正志, 田村裕子, 岩下直行, 松本 勉, 松浦幹太, 佐々木良一. CA鍵漏洩時におけるETSI TS 101 733に基づく署名の検証可能性, コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS)2004論文集, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, Vol.2004-II, No.11, pp.445-450, 2004
  • 宇根正志, 田村裕子, 岩下直行, 松本 勉, 松浦幹太, 佐々木良一. 公開鍵証明書・失効情報欠損時におけるETSI TS 101 733に基づく署名の検証可能性, コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS)2004論文集, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, Vol.2004-II, No.11, pp.439-444, 2004
  • 古谷隆行, 松浦幹太, アンダーソン・ナシメント, 今井秀樹. コルモゴロフ・コンプレキシティによる複数のサービス妨害攻撃の検知, コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS)2004論文集, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, Vol.2004-I, No.11, pp.361-366, 2004
  • 黄興華, 松浦幹太. リアルタイムビデオによる個人認証システム, コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS)2004論文集, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, Vol.2004-I, No.11, pp.217-222, 2004
  • 細井琢朗, 松浦幹太, 今井秀樹. Bloomフィルタを用いたパケットマーキング法によるIPトレースバック, コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS)2004論文集, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, Vol.2004-I, No.11, pp.181-186, 2004
  • 細井琢朗, 松浦幹太, 今井秀樹. IPデータグラムが正規に変換される場合のIPトレースバック技術について, 2004年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2004)予稿集, Vol.Ⅱ, pp.1369-1373, 2004
  • 田村研輔, 松浦幹太, 今井秀樹. データマイニングを用いたIDSログ分析結果の活用, 2004年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2004)予稿集, Vol.Ⅱ, pp.1155-1160, 2004
  • 古谷隆行, 松浦幹太, Anderson Nascimento, 今井秀樹. Kolmogorov Complexityによるサービス妨害攻撃の検知システム, 2004年暗号と情報セキュリティ ・シンポジウム(SCIS2004)予稿集, Vol.Ⅱ, pp.1145-1150, 2004
  • ホセ・ルイス・ラクソン, 松浦幹太. フィリピンの在外投票者登録制度における実用的、技術的な問題, 2004年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2004)予稿集, Vol.Ⅱ, pp.943-948, 2004
  • 森垣努, 松浦幹太, 須藤修. Digital TVを利用した高精細タイムスタンプシステムに関する安全性評価, 2004年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2004)予稿集, Vol.Ⅰ, pp.597-602, 2004
  • 江波戸謙, 松浦幹太. 情報セキュリティ分野における産学連携研究, 2004年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2004)予稿集, Vol.Ⅰ, pp.13-18, 2004

国内研究会

  • 田中秀幸,松浦幹太. 情報セキュリティ投資のインセンティブ・メカニズム: 電子自治体の実証研究, 科学研究費補助金特定領域研究「情報学」柱A06研究会, 2004
  • 黄楽平, 山根弘, 松浦幹太, 瀬崎薫. An Assessment of Wireless Location Privacy Risks in High Precision Positioning System, 電子情報通信学会情報セキュリティ研究会 (電子情報通信学会技術研究報告), 2004
  • 古谷隆行, 松浦幹太, Anderson Nascimento, 今井秀樹. コルモグロフ・コンプレキシティの複数の近似算出法とサービス妨害攻撃検知パフォーマンス, 情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会(情報処理学会研究報告), Vol.2004, No.22, pp.127-132, 2004

その他

  • 田村裕子, 宇根正志, 岩下直行, 松本 勉, 松浦幹太, 佐々木良一. デジタル署名の長期利用について, 日本銀行金融研究所 IMES Discussion Paper Series, No.2004-J-27, 2004
  • Kanta Matsuura. Research Direction for Information Security in Academia, German-Japanese Information Security Workshop --- Progress in Information Security in Japan and Germany, 2004
  • Hsing-Hua Huang, Kanta Matsuura. Real-Time Video Security for Financial Transactions, The 2004 Workshop on Information Security Research Supported by MEXT Grant-in-Aid Scientific Research on Priority Area "Informatics", 2004
  • Hideyuki Tanaka, Kanta Matsuura. An Incentive Mechanism of Information Security Investment: An Empirical Study of e-Local Government in Japan, The 2004 Workshop on Information Security Research Supported by MEXT Grant-in-Aid Scientific Research on Priority Area "Informatics", 2004
  • 松浦幹太. 高精細電子時刻印のための電子公表システムに関する研究, 第16回研究助成成果概要集, 大川情報通信基金, pp.15, 2004
  • 今井秀樹, 松浦幹太. 人間・社会と調和したディペンダブル情報セキュリティ技術, 21世紀COE「情報科学技術戦略コア」大域ディペンダブル情報基盤シンポジウム資料集, pp.108-128, 2004

2003年

国際誌(LNCSを含む)

  • Kanta Matsuura. Digital Security Tokens and Their Derivatives, Netnomics, Vol.5, No.2, pp.161-179, 2003[detail]

国際会議

  • Ken Ebato, Kenneth Pechter, Kanta Matsuura. University-Industry Research Collaboration in the Information Security Field in Japan, Proceedings of the 2003 IEEE International Engineering Management Conference (IEMC-2003), 2003[detail]
  • Kanta Matsuura. Information Security and Economics in Computer Networks: An Interdisciplinary Survey and a Proposal of Integrated Optimization of Investment, The 9th International Conference of Computing in Economics and Finance (CEF 2003), 2003

国内誌

  • 松浦幹太. ネットワーク・プロトコルのセキュリティ, 科学, Vol.74, No.2, pp.231-234, 2003

国内会議

  • 古谷隆行, 松浦幹太, Anderson Nascimento, 今井秀樹. Kolmogorov Complexityに基づくサービス妨害攻撃の検知手法, 第26回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, Vol.Ⅱ, pp.621-624, 2003
  • 田中秀幸, 松浦幹太. 情報セキュリティ・マネジメントの制度設計, Network Security Forum 2003, 2003
  • 江波戸謙, 松浦幹太. 情報セキュリティ分野における産学連携の状況, Network Security Forum 2003, 2003
  • 森垣努, 松浦幹太, 須藤修. Digital TVを利用した超高精細電子時刻印システムに関する考察, コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS)2003論文集, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, Vol.2003, No.15, pp.539-544, 2003
  • 小森旭, 花岡悟一郎, 松浦幹太, 須藤修. 署名鍵漏洩問題における電子証拠生成技術について, 2003年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2003)予稿集, Vol.Ⅱ, pp.983-988, 2003
  • 江波戸謙, ケネス・ペクター, 松浦幹太. SCISにおける産学連携の状況, 2003年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2003)予稿集, Vol.Ⅰ, pp.569-574, 2003
  • 松浦幹太. 情報セキュリティと経済学, 2003年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2003)予稿集, Vol.Ⅰ, pp.475-480, 2003
  • 安東学, 松浦幹太, 馬場章. 内部不正者を考慮したグループ鍵共有方式に関する考察, 2003年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2003)予稿集, Vol.Ⅰ, pp.125-130, 2003

著書等

  • 土居範久(監修) 佐々木良一, 内田勝也, 岡本栄司, 菊池浩明, 寺田真敏, 村山優子(共編) 阿部正幸, 稲村 雄, 岩井博樹, 内田勝也, 遠藤直樹, 大熊建司, 太田和夫, 太田健治, 大塚祥央, 大林正英, 岡村久道, 岡本栄司, 岡本龍明, 加藤 拓, 喜入 博, 菊池浩明, 齋藤正憲, 坂 明, 坂井順行, 櫻庭健年, 佐々木良一, 佐藤 敬, 重松孝明, 篠崎資志, 下山武司, 白井 均, 鈴木優一, 須永和男, 関 一穂, 瀬戸洋一, 高橋俊成, 立崎正夫, 谷田総生, 田渕治樹, 近澤 武, 寺内克元, 寺田真敏, 東井芳隆, 栃窪孝也, 永井康彦, 中田光一, 中野秀男, 長谷川明生, 初川泰介, 原 司, 藤岡 淳, 牧野二郎, 松井 充, 松浦幹太, 丸山 宏, 満保雅浩, 村谷博文(共同執筆). 情報セキュリティ事典, 2003

その他

  • 田中秀幸, 松浦幹太. 情報セキュリティ・マネジメントの制度設計, 平成15年度文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「ITの深化の基盤を拓く情報学研究」柱A04「情報セキュリティに関する総合的な研究」ワークショップ, 2003
  • 松浦幹太. 情報セキュリティ基盤に起因するリスクを管理するための情報経済工学的研究 ---3つのアプローチと概要---, 平成15年度文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「ITの深化の基盤を拓く情報学研究」 柱A04「情報セキュリティに関する総合的な研究」ワークショップ, 2003
  • 松浦幹太. ユビキタスネットワーク社会のセキュリティのあり方及びその先端技術と動向(Information and system security in ubiquitous networks: recent advances in management and technologies), RSA Conference 2003 Japan, 2003
  • 松浦幹太. 情報経済工学から見たシステムセキュリティマネジメント, 東大総研SMP(Security Management Project)例会, 2003
  • 松浦幹太. 署名用秘密鍵漏洩後の紛争解決と5W1H, 第5回情報セキュリティ・シンポジウム, 2003

2002年

国際会議

  • Rui Zhang, Michiharu Kudo, Kanta Matsuura, Hideki Imai. A Model for Signature Revocation, Proceedings of 2002 International Symposium on Information Theory and Its Applications (ISITA 2002), pp.455-458, 2002
  • Kanta Matsuura. Virtual Private Laboratories: Concept and Two Building Blocks, Proceedings of the 2002 IEEE International Engineering Management Conference (IEMC 2002), Vol.Ⅱ, pp.876-881, 2002
  • Kanta Matsuura. Digital Security Tokens in Network Commerce: Modeling and Derivative Application, The 8th International Conference on Computing in Economics and Finance (CEF 2002), 2002
  • Kanta Matsuura, Hideki Imai. Digital Timestamps for Dispute Settlement in Electronic Commerce: Generation, Verification, and Renewal, Proceedings of 4th International Conference on Enterprise Information Systems (ICEIS 2002), Vol.2, pp.962-967, 2002

国内誌

  • 松浦幹太. 電子セキュリティトークンとその派生商品, 情報処理学会論文誌, Vol.43, No.8, pp.2372-2380, 2002[detail]

国内会議

  • 安東学, 松浦幹太, 馬場章. 分散環境で保存されるログファイルにおける各ログエントリー間の順序関係保証方法に関する考察, コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS)2002論文集, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, Vol.2002, No.16, pp.1-6, 2002
  • Rui Zhang, Michiharu Kudoh, Kanta Matsuura, Hideki Imai. Instance Revocation of Digital Signature and Its Applications, Proceedings of the 2002 Symposium on Cryptography and Information Security (SCIS2002), Vol.Ⅱ, pp.1143-1148, 2002
  • 安東学, 松浦幹太, 工藤道治, 馬場章. 多機能セキュアデータベースのアクセス制御ポリシー設定問題, 2002年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2002)予稿集, Vol.Ⅱ, pp.991-996, 2002
  • 山中晋爾, 松浦幹太, 今井秀樹. 侵入検知及び内部攻撃者検知とヒューマンクリプト, 2002年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2002)予稿集, Vol.Ⅱ, pp.979-984, 2002
  • 小森旭, 松浦幹太, 須藤修. 電子商取引における紛争解決のための電子証拠物に関する分析, 2002年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2002)予稿集, Vol.Ⅱ, pp.627-632, 2002
  • 副島晋, 松浦幹太, 今井秀樹. 電子権利流通方式対に関する特性分析, 2002年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2002)予稿集, Vol.Ⅰ, pp.223-228, 2002
  • 田村仁, 松浦幹太, 今井秀樹. 審査能力について考慮した多次元トラストメトリックに関する考察, 2002年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2002)予稿集, Vol.Ⅰ, pp.103-108, 2002
  • 松浦幹太. 電子セキュリティトークンのモデル化と応用, 2002年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS2002)予稿集, Vol.Ⅰ, pp.73-78, 2002

その他

  • Kanta Matsuura. CRYPTREC Project and Beyond, The 14th Japan-Germany Forum on Information Technology, 2002

2001年

国際誌(LNCSを含む)

  • Shoichi Hirose, Kanta Matsuura. Key Agreement Protocols Resistant to a Denial-of-Service Attack, IEICE Transactons on Information and Systems, Vol.E84-D, No.4, pp.477-484, 2001[detail]
  • Kanta Matsuura. A Derivative of Digital Objects and Estimation of Default Risks in Electronic Commerce, Lecture Notes in Computer Science (Information and Communications Security: Third Internation Conference: ICICS 2001), Vol.2229, pp.90-94, 2001[detail]

国際会議

  • Kanta Matsuura. Echo Back in Implementation of Passphrase Authentication, Proceedings of the 2001 International Workshop on Cryptology and Network Security, pp.238-245, 2001
  • Kanta Matsuura. Security Token and Its Derivative in Discrete-Time Models, Proceedings of 5th World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics, 2001
  • Kanta Matsuura. Digital Security Tokens and Their Derivatives, 7th International Conference of the Society for Computational Economics, 2001[detail]

国内誌

  • Kanta Matsuura. Effects of Data Hiding on Remote Data Analysis, 情報処理学会論文誌, Vol.42, No.10, pp.2526-2532, 2001[detail]

国内会議

  • 松浦幹太, 今井秀樹. 鍵共有プロトコルにおけるアドレスの役割について, 第24回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, pp.111-114, 2001
  • 小森旭, 松浦幹太, 須藤修. PKIに基づくC/S型アプリケーションの安全性分析と証拠性評価, コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS) 2001論文集, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, Vol.2001, No.15, pp.319-324, 2001
  • 安東学, 松浦幹太, 馬場章. 多様なセキュリティ操作を考慮したオブジェクト指向データベースの構造, コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS)2001論文集, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, Vol.2001, No.15, pp.19-24, 2001

国内研究会

  • 松浦幹太. ディジタル・トークンの不確定性と二項モデルによるリスクヘッジ評価, 情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会(情報処理学会研究報告), Vol.2001, No.54, pp.31-36, 2001
  • 小森旭, 松浦幹太, 須藤修. 契約時に添える付加的なMACに関する総合的分析, 情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会(情報処理学会研究報告), Vol.2001, No.124, pp.31-36, 2001

その他

  • Kanta Matsuura. Security Tokens and Their Derivatives, Technical Report, Centre for Communications Systems Research, University of Cambridge, No.29, 2001
  • 松浦幹太. 21世紀の科学技術とセキュリティ:時間変動とリスクの波へ, 平成13年度日本セキュリティ・マネジメント学会全国大会, 2001

2000年

国際誌(LNCSを含む)

  • Kanta Matsuura, Hideki Imai. Modified Aggressive Modes of Internet Key Exchange Resistant against Denial-of-Service Attacks, IEICE Transactons on Information and Systems, Vol.E83-D, No.5, pp.972-979, 2000[detail]

国際会議

  • Kanta Matsuura, Hideki Imai. Modification of Internet Key Exchange Resistant against Denial-of-Service, Pre-Proeedings of Internet Workshop 2000 (IWS2000), pp.167-174, 2000

国内会議

  • 金谷篤郎, 松浦幹太, 今井秀樹. SSLプロトコルのネットワークパフォーマンスに関する一評価, 2000年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム (SCIS2000), 2000
  • Kanta Matsuura. Evaluation of DoS Resistance in Relation to Performance Dynamics, The 2000 Symposium on Cryptography and Information Security (SCIS2000), 2000

その他

  • 宇根正志, 松浦幹太, 田倉昭. デジタルタイムスタンプ技術の現状と課題, 金融研究, Vol.19, pp.105-153, 2000
  • Kanta Matsuura, Hideki Imai. Generation, Verification, and Renewal of Digital Time-Stamps, Imai Laboratory Research Monograph Series, No.2000-1, pp.44-53, 2000

1999年

国際誌(LNCSを含む)

  • Kanta Matsuura, Hideki Imai. Protection of Authenticated Key-Agreement Protocol against a Denial-of-Service Attack, Cientifica, Vol.2, No.11, pp.15-19, 1999[detail]
  • Shoichi Hirose, Kanta Matsuura. Enhancing the Resistance of a Provably Secure Key Agreement Protocol to a Denial-of-Service Attack, Lecture Notes in Computer Science (Information and Communication Security: Second International Conference: ICICS'99), Vol.1726, pp.169-182, 1999[detail]

国際会議

  • Kanta Matsuura, Hideki Imai. Resolution of ISAKMP/Oakley Key-Agreement Protocol Resistant against Denial-of-Service Attack, Proceedings of Internet Workshop'99: IWS'99, pp.17-24, 1999
  • Kanta Matsuura, Hideki Imai. Activity Report of IIS E-Commerce and Digital-Cash Committee, The 5th International Conference on Ethical Issues of Information Technology, 1999
  • Kanta Matsuura, Hideki Imai. Resolution of ISAKMP/Oakley Key-Agreement Protocol Resistant against Denial-of-Service Attack, Pre-Proceedings of Internet Workshop'99 (IWS'99), pp.17-24, 1999

国内会議

  • 金谷篤郎, 松浦幹太, 今井秀樹. 不正リクエストに対する再送制御メカニズムに関する一検討, 第22回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, pp.781-784, 1999
  • 松浦幹太, 今井秀樹. 鍵共有プロトコルとパケット制御に関する一考察, 第22回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, pp.777-780, 1999
  • Kanta Matsuura. Effects of Data Hiding on Remote Data Analysis, Proceedings of Computer Security Symposium'99 (CSS'99), pp.81-86, 1999
  • 松浦幹太. IKEにおける認証モードとサービス妨害攻撃耐性の解析, 情報処理学会第59回(平成11年後期)全国大会, 特別セッション(3)講演論文集, pp.43-50, 1999
  • Shoichi Hirose, Kanta Matsuura. Enhancing the Resistance of a Secure Key Agreement Protocol to a Denial-of-Service Attack, 1999年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS'99)予稿集, Vol.Ⅱ, pp.899-904, 1999
  • 松浦幹太, 今井秀樹. 発信フィルタリング環境下の鍵共有プロトコルにおける閉塞率評価, 1999年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS'99)予稿集, Vol.Ⅱ, pp.893-898, 1999

著書等

  • 学術情報センター(編) 浅野正一郎, 松浦幹太, 藤野貴之, 沼尻孝, 石川千秋(共著). ネットワークセキュリティ---学術情報の発信と保護---, pp.55-66, 1999
  • 今井秀樹, 松浦幹太(共著). 情報セキュリティ概論, 情報セキュリティシリーズ, Vol.6, 1999

編纂書籍の章

  • Kanta Matsuura, Hideki Imai. Toward Research-Promotion Infrastructure for Multi-Modal Imaging, Recent Advances in Biomagnetism, pp.911-914, 1999
  • Shu Akahane, Takeo Ozeki, Kanta Matsuura, Yoichi Okabe. A Robust Estimation by Selective Minimum-Norm Method, Recent Advances in Biomagnetism, pp.145-148, 1999

その他

  • 松浦幹太. タイムスタンピングシステムの現状と将来, 次々世代認証技術およびセキュリティインフラストラクチャに関するシンポジウム, 1999
  • 今井秀樹, 松浦幹太. 情報セキュリティ技術の基礎と応用 ---明るいネットワーク社会を築く鍵---, 平成11年度生研セミナー, 1999
  • 松浦幹太. デジタルタイムスタンプ技術の現状と課題, 第2回 情報セキュリティ・シンポジウム, 1999
  • 松浦幹太. 社会情報セキュリティ, 平成11年度情報処理学会関西支部大会, 1999
  • 松浦幹太. 暗号・認証技術とインターネット応用, テクノシステム講習会「ネットワークのセキュリティと暗号・認証の最新動向」, 1999
  • 宇根正志, 松浦幹太, 田倉昭. デジタルタイムスタンプ技術の現状と課題, 日本銀行金融研究所 IMES Discussion Paper Series, No.99-J-36, 1999
  • Kanta Matsuura, Hideki Imai. A Revised Signature Mode for the Internet Key Exchange, Internet Draft, 1999
  • 松浦幹太. AESの仕様と選定状況について, 第8回早稲田大学電子商取引研究会, 1999
  • Kanta Matsuura. Protection of Three-Pass Key-Agreement Protocols against a Denial-of-Service Attack, Bell Labs Crypto/Security Seminar, NJ, 1999
  • Kanta Matsuura, Hideki Imai. A Revised Signature Mode for the Internet Key Exchange, Internet Draft, 1999

1998年

国際誌(LNCSを含む)

  • Kanta Matsuura, Yuliang Zheng, Hideki Imai. Compact and Flexible Resolution of CBT Multicast Key-Distribution, Lecture Notes in Computer Science (Worldwide Computing and Its Application: WWCA'98), Vol.1368, pp.190-205, 1998[detail]

国際会議

  • Kanta Matsuura, Hideki Imai. Protection of Authenticated Key-Agreement Protocol against a Denial-of-Service Attack, Proceedings of 1998 International Symposium on Information Theory and Its Applications (ISITA'98), pp.466-470, 1998
  • Goichiro Hanaoka, Tsuyoshi Nishioka, Kanta Matsuura, Yuliang Zheng, Hideki Imai. On Advanced KPS: An Optimized KPS against Collusion Attacks, Proceedings of 1998 International Symposium on Information Theory and Its Applications (ISITA'98), pp.247-250, 1998
  • Shu Akahane, Takeo Ozeki, Kanta Matsuura, Yoichi Okabe. A Robust Estimation by Selective Minimum-Norm Method, 11th International Conference on Biomagnetism, 1998
  • Kanta Matsuura, Hideki Imai. Toward Research-Promotion Infrastructure for Multi-Modal Imaging, 11th International Conference on Biomagnetism, 1998
  • Kanta Matsuura, Hideki Imai. Inspection Mechanism for Server-and-Client Protocols with Private-Key Cipher, Proceedings of the 4th International Conference on Ethical Issues of Information Technology, pp.479-487, 1998

国内会議

  • 松浦幹太, 今井秀樹. 鍵共有プロトコルのサービス妨害攻撃対策, 第21回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, pp.719-722, 1998
  • 廣瀬勝一, 松浦幹太. サービス拒否攻撃に対して耐性のある鍵共有プロトコル, 電子情報通信学会1998年基礎・境界ソサイエティ大会, 1998
  • 花岡悟一郎, 西岡毅, 松浦幹太, 今井秀樹. Advanced KPSにおけるProvider間の鍵の不正導出とその対応に関する一検討, 電子情報通信学会1998年基礎・境界ソサイエティ大会, 1998
  • 松浦幹太, 今井秀樹. 統合研究促進インフラストラクチャーに向けて, 日本生体磁気学会誌(第13回日本生体磁気学会大会論文集), Vol.11, No.1, pp.100-101, 1998
  • 花岡悟一郎, 松浦幹太, 鄭玉良, 今井秀樹. Secure Electronic Transaction (SET) の高速化に関する一手法, 1998年電子情報通信学会総合大会, 1998
  • 松浦幹太, 鄭玉良, 今井秀樹. グループ鍵配送を伴ったコンパクトなCBT加入メッセージと事後プロセスメッセージ, 1998年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム (SCIS'98), 1998
  • 花岡悟一郎, 松浦幹太, 鄭玉良, 今井秀樹. 対面販売におけるクレジット決済の高速化に関する一検討, 1998年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム (SCIS’98), 1998

国内研究会

  • Goichiro Hanaoka, Kanta Matsuura, Hidenori Shida, Hideki Imai. An Implementation of KPS with Distributed Trust, 電子情報通信学会情報セキュリティ研究会資料(電子情報通信学会技術研究報告), Vol.98, No.464, 465, 466, pp.45-50, 1998
  • 松浦幹太. 第4回情報技術の倫理問題国際会議(ETHICOMP98)参加報告, 電子情報通信学会情報通信倫理研究会資料(電子情報通信学会技術研究報告), Vol.98, No.391, pp.37-42, 1998
  • Kanta Matsuura. One-Time Rental of Membership for Server-and-Client Protocol with Private-Key Cipher, 情報処理学会モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会資料(情報処理学会研究報告), Vol.98, No.83, pp.53-60, 1998
  • 花岡悟一郎, 松浦幹太, 鄭玉良, 今井秀樹. ネットワーク社会における効率的な電子決済方式に向けて, 電子情報通信学会ネットワーク社会とライフスタイル研究会第2回ワークショップ, 1998
  • 花岡悟一郎, 松浦幹太, 鄭玉良, 今井秀樹. LITESET ---効率的電子決済に向けて---, マルチメディア高度情報通信システムシンポジウム, 1998

その他

  • 松浦幹太. 暗号・認証技術とネットワーク, 平成10年度学術情報センターシンポジウム(学術情報の発信と保護 --- ネットワークセキュリティ ---), 1998
  • 松浦幹太, 太田和夫. 1997 Korea-Japan Joint Workshop on Information Seurity and Cryptology,1997年10月26日-28日, 1998年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム(SCIS'98), ナイトセッション(N.2.D), 1998

1997年

国際誌(LNCSを含む)

  • Kanta Matsuura, Yoichi Okabe. A Robust Reconstruction of Sparse Biomagnetic Sources, IEEE Transactions on Biomedical Engineering, Vol.44, No.8, pp.720-726, 1997
  • Shu Akahane, Kanta Matsuura, Yoichi Okabe. A Three-Dimensional Multi-Dipole Estimation by Selective Minimum-Norm Method, NeuroImage, Vol.5, No.4, pp.435, 1997

国内会議

  • Kanta Matsuura, Yuliang Zheng, Hideki Imai. Electronic Safe-Deposit Box, 第20回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, pp.385-388, 1997
  • 松浦幹太, 鄭玉良, 今井秀樹. Signcryptionによる効率的なIPng鍵情報配送, 電子情報通信学会1997年基礎・境界ソサイエティ大会, 1997
  • 赤羽秀, 松浦幹太, 岡部洋一. 選択的最小ノルム法による3次元複数双極子推定, 日本生体磁気学会誌(第12回日本生体磁気学会大会論文集), Vol.10, No.1, pp.198-199, 1997

国内研究会

  • 松浦幹太, 鄭玉良, 今井秀樹. セキュリティ機能を備えたネットワーク社会におけるユーザ負担, 電子情報通信学会ネットワーク社会とライフスタイル研究会第1回ワークショップ資料, No.1, pp.36-41, 1997
  • 松浦幹太, 鄭玉良, 今井秀樹. CBTルーティングを利用したマルチキャスト鍵配送の評価と効率化, 電子情報通信学会インターネット時限研究専門委員会 インターネット研究会第一回ワークショップ資料, pp.53-60, 1997

著書等

  • 原宏, 栗城真也(共編) 糸崎秀夫, 今田俊明, 上原弦, 宇川義一, 岡部洋一, 岡本良夫, 柿木隆介, 葛西直子, 北村吉宏, 久宝真一, 栗城真也, 下川原正博, 清野昌一, 寺尾安生, 中里信和, 橋本勲, 原宏, 藤巻則夫, 松浦幹太, 松葉博則, 吉本高志, 渡辺裕貴(共著). 脳磁気科学, pp.101-123, 1997

その他

  • Kanta Matsuura, Yuliang Zheng, Hideki Imai. Compact, Secure, and Unforgeable Key Agreement on Internet, International Conference on Information and Communications Security '97, Rump Session, 1997
  • 松浦幹太. カードセキュリティと情報保管, 第1回インターナショナル・カード・セキュリティ・シンポジウム, 1997

1996年

国際会議

  • Kanta Matsuura, Yoichi Okabe. Lp-Normalized Minimum-L1-Norm Solution of the Biomagnetic Inverse Problem, 18th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 1996
  • Kanta Matsuura, Yoichi Okabe. Multiple Current-Dipole Distribution Reconstructed by Modified Selective Minimum-Norm Method, 10th International Conference on Biomagnetism, 1996

国内誌

  • 松浦幹太, 岡部洋一. 局在した生体磁場源分布の再構成, 電気学会論文誌C, Vol.116-C, No.2, pp.223-229, 1996

国内会議

  • 松浦幹太, 岡部洋一. 生体磁場源推定におけるリードフィールド行列の正規化, 日本生体磁気学会誌(第11回日本生体磁気学会大会論文集), Vol.9, No.1, pp.54-57, 1996
  • 松浦幹太, 山並憲司, 岡部洋一. 選択的最小ノルム法による心臓磁界解析とその安定性, 平成8年電気学会全国大会講演論文集, Vol.分冊2, pp.298-299, 1996
  • 清水信朗, 松浦幹太, 岡部洋一. 選択的最小ノルム法による実形状ファントムデータの解析, 平成8年電気学会全国大会講演論文集, Vol.分冊2, pp.297, 1996

編纂書籍の章

  • Kanta Matsuura, Nobuaki Shimizu, Yoichi Okabe. Reconstruction of Sparse Dipole Source by a Modified SMN Method, Visualization of Information Processing in the Human Brain: Recent Advances in MEG and Functional MRI, pp.421-429, 1996

1995年

国際誌(LNCSを含む)

  • Kanta Matsuura, Yoichi Okabe. A Parametric Simplex Algorithm for Multi-Dipole Estimation, Human Brain Mapping, pp.104, 1995
  • Kanta Matsuura, Yoichi Okabe. Selective Minimum-Norm Solution of the Biomagnetic Inverse Problem, IEEE Transactions on Biomedical Engineering, Vol.42, No.6, pp.608-615, 1995

国際会議

  • Kanta Matsuura, Nobuaki Shimizu, Yoichi Okabe. Reconstruction of Sparse Dipole Source by Modified SMN Method, 10th Tokyo Institute of Psychiatry International Symposium, 1995

国内会議

  • 山並憲司, 松浦幹太, 岡部洋一. 選択的最小ノルム法によるMCG解析, 日本生体磁気学会誌(第10回日本生体磁気学会大会論文集), Vol.8, No.1, pp.288-289, 1995
  • 松浦幹太, 岡部洋一. 選択的最小ノルム法の雑音感度, 日本生体磁気学会誌(第10回日本生体磁気学会大会論文集), Vol.8, No.1, pp.142-145, 1995

国内研究会

  • 松浦幹太, 山並憲司, 岡部洋一. SMN法による心臓磁界発生源の追跡, 電気学会マグネティックス研究会資料, pp.11-20, 1995
  • 松浦幹太, 山並憲司, 岡部洋一. SMN法による心臓磁界データのマルチ・ダイポール解析, 電気学会マグネティックス研究会資料, pp.69-78, 1995

編纂書籍の章

  • Kanta Matsuura, Yoichi Okabe. Multi-Dipole Estimation by Selective-Minimum-Norm Method, Biomagnetism: Fundamental Research and Clinical Applications, pp.381-384, 1995

その他

  • 松浦幹太, 岡部洋一, 山並憲司. 生体磁場の逆問題, 東京大学先端科学技術研究センター紀要, Vol.8, pp.83, 1995

1994年

国内会議

  • 堀井信男, 松浦幹太, 中山明芳, 岡部洋一. 選択的解ノルム最小化による双極子推定の評価, 1994年電子情報通信学会春季大会講演論文集, 1994
  • 松浦幹太, 岡部洋一. 角度変数を導入した線形計画法によるマルチ・ダイポール推定, 平成6年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集, pp.165-168, 1994
  • 松浦幹太, 岡部洋一. 不等式制約を用いた解双極子ノルム最小化, 日本生体磁気学会誌(第9回日本生体磁気学会大会論文集), Vol.7, No.1, pp.146-149, 1994
  • 岡部洋一, 松浦幹太. 選択的最小ノルム法による脳磁界逆問題, 日本生体磁気学会誌(第9回日本生体磁気学会大会論文集), Vol.7, No.1, pp.20-23, 1994

国内研究会

  • 堀井信男, 松浦幹太, 中山明芳, 岡部洋一. 選択的解ノルム最小化による双極子推定の評価, 平成5年度電子情報通信学会学生会研究発表会, pp.6-36, 1994
  • 松浦幹太, 岡部洋一. 選択的解ノルム最小化による生体磁場逆問題の局在解, 電気学会マグネティックス研究会資料, pp.63-72, 1994

その他

  • 岡部洋一, 松浦幹太. 生体磁界逆問題, 日本学術振興会超伝導エレクトロニクス第146委員会第46回研究会資料, pp.11-16, 1994
  • 松浦幹太. 生体磁場逆問題の選択的最小ノルム解, 東京大学工学部 電気工学・電子情報工学・電子工学彙報, No.43, pp.143, 1994
  • 岡部洋一, 松浦幹太, 堀井信男. 生体磁場の逆問題解析, 東京大学先端科学技術研究センター紀要, Vol.7, pp.87, 1994
  • 岡部洋一, 松浦幹太. 生体磁場逆問題の選択的最小ノルム解, 電気学会調査専門委員会(生体磁気), 1994
  • 松浦幹太, 岡部洋一. SMN法による生体磁気の逆問題, 日本学術振興会第146委員会高性能SQUIDシステム分科会第21回研究会, 1994

1993年

国際会議

  • Kanta Matsuura, Yoichi Okabe. Multi-Dipole Estimation by Selective-Minimum-Norm Method, Abstracts of 9th International Conference on Biomagnetism, pp.215-216, 1993

国内会議

  • 松浦幹太, 岡部洋一. 選択的解ノルム最小化による双極子推定, 日本生体磁気学会誌(第8回日本生体磁気学会大会論文集), Vol.6, No.1, pp.82-85, 1993

その他

  • 岡部洋一, 松浦幹太. SQUID-CTの生体磁場逆問題, 東京大学先端科学技術研究センター紀要, Vol.6, pp.85-86, 1993

1992年

国内会議

  • 松浦幹太, 岡部洋一. マルチ・ダイポールの逆推定, 日本生体磁気学会誌(第7回日本生体磁気学会大会論文集), Vol.5, No.1, pp.212-213, 1992

その他

  • 松浦幹太, 岡部洋一. 解ベクトル最小ノルム法による逆問題の解法, 日本学術振興会第146委員会高性能SQUIDシステム分科会第14回研究会, 1992
松浦 研究室/ 153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1/東京大学生産技術研究所 情報・エレクトロニクス部門(第3部)